担当者 ihe-admin  登録日時 2023/5/10 13:20 (2655 ヒット)

第27回日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2023
IHEチュートリアル「IHEから見たFHIR」
参加登録いただいたみなさまへ

当日の受講情報 (webEX)・資料・アンケートページについては メールにてご確認ください。
(6/22/13:00送付・6/27/13:00再送)

メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダを
ご確認のうえ、問い合わせフォームよりご連絡ください。

<< アンケート回答期限 (7/7) >>

■ 開催概要

米国においてIHEの活動が開始され、すでに20年近くが経過しました。一般社団法人日本IHE協会 ( 以下、IHE協会 ) は、2001年からIHE-Jとして活動を開始し、医療情報システムにおける相互接続性と相互運用性の確保を推進してきました。

IHEの活動における特徴として、ユーザとベンダが同じテーブルにつき、より良い医療情報システムを生み出すために、考え方や環境や背景などが異なる者が、お互いを尊重しつつ垣根を越えて議論する場が提供されていることがあげられます。

今回のチュートリアルでは、最近注目され、急速に普及しつつあるFHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)を取り上げます。FHIRはHL7協会が開発し、医療情報のフォーマットとWEB技術を取り入れて転送プロトコルを定義しています。このFHIRに対応し、IHEでは多くのFHIRを用いた統合プロファイルが作成されています。今までIHEの統合プロファイル(業務シナリオ)では、HL7 Version2、Version3が 長くデータフォーマットとして用いられてきました。FHIRの普及に伴い、データフォーマットと転送プロトコルにHL7 FHIRを用いた統合プロファイルが開発され、既存の医療情報システムにアドオンする形でFHIR対応となっています。

チュートリアルは、IHEから見たFHIRというテーマで、FHIRとIHEの立場の違い、FHIRを使用する統合プロファイル、FHIRに関連するコネクタソン(接続試験)、FHIRを実装する場合のなどのテーマで講演を行います。FHIRとIHEを理解していただくと共に、多くの方々と同じテーブルを囲み<共通利用性のある未来の医療情報システム>を創造する機会にしたいと考えています。

開催概要
日時 2023年6月29日 (木) 10:40~12:40
会場 沖縄コンベンションセンター
(沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1)
アクセス https://www.oki-conven.jp/access/
または、WEB視聴 (予定)
主催 日本IHE協会 普及推進委員会
参加費 無料
  • 参加する方は、医療情報学会春季学術大会への参加申込が必要です。ご注意下さい。
  • 参加する方は、本ページにて事前参加登録をお願いします。
  • 受付後、受理のメールをシステムより自動的にお送りしております。申し込み後、必ずメールが届いてることを確認ください。
  • 数分お待ちいただいてもメールが届かない場合は参加登録されていない可能性があります。迷惑メールとなっていないかご確認のうえ お問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • 医療情報技師更新ポイント:1ポイント。
  • IHE認定技術者更新ポイント:2ポイント。
  • プログラム・演者・タイトルは、都合により変更になる可能性があります。
  • 開催日が近づきましたら、ご登録のメールアドレス宛に発表資料の掲載ページをご連絡しますので、事前にダウンロードしてください。
医療情報技師更新ポイント・IHE認定技術者更新ポイントを申請される方は以下フォームにて必ず認定証番号を入力願います。番号が不明の場合、ポイント申請ができない場合がありますので予めご了承願います。

ポイント申請にあたり、オンライン参加のかたは、受講後にオンラインでのアンケートにお答えください。現地参加のかたは、認定証番号がわかるものを持参願います。

開始時間 10時40分
定員数 200人 (予約数 42人)
予約締切時間 2023/6/19 12:00

■ プログラム

1.IHEから見たFHIR -FHIRとIHEの違い
日本IHE協会 安藤 裕
2.FHIRを使用する統合プロファイル
日本IHE協会 細羽 実
3.FHIRに関連するコネクタソン
日本IHE協会 塩川 康成
4.FHIRの実装
日本IHE協会 木村 雅彦

■ IHE関連情報のご紹介

受付を終了しました