担当者 ihe-admin  登録日時 2021/3/31 11:23 (2223 ヒット)

第25回日本医療情報学会春季学術大会
シンポジウム2021 in 米子
IHEチュートリアル「IHE認定技術者試験の勘所」
参加要項・資料はこちらから

6/7(月)にメールにてご連絡したアカウントによりアクセス可能です。
メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただき、
見つからない場合は、問い合わせフォームよりご連絡ください
(6/7以降に参加登録されたかたには、個別にご連絡いたします)。

■ 開催概要

IHE(Integrating the Healthcare Enterprise)は、システム間の相互運用性を向上する活動を行っています。具体的には、業務を定型化して、複数の機能に分割し、業務を実現するシナリオをつくります。各機能間の情報のやり取りは、標準的な手順とデータフォーマットを用いることが特長です。この業務の定義を「統合プロファイル」(業務シナリオ)と呼びます。現在、この統合プロファイルは100以上あり、各装置や各システムを接続することにより、情報の共有を行い、同じことを2度入力することなどを防止し、システムの有効性や安全性の向上が期待できます。

IHE活動は、1999年にアメリカで起こり、日本では2001年から活動しており、既に20年以上の実績があります。当初、IHEは標準化が進んでいた放射線部門から始まりました。最近では、放射線部門だけでなく、臨床検査、循環器、内視鏡、病理、放射線治療、眼科、ITI、PCDなどの分野に拡大しています。

今回のチュートリアルは、「IHE 認定技術者試験の勘所」と題して、2019年より開始した「IHE認定技術者試験」受験に向けて、制度の説明に加え、全員が受験する「IHE-BASIC」と各ドメイン(放射線分野と病理分野)試験の勘所を解説します。

開催概要
日時 2021年6月10日 (木) 15:30~17:30
会場 第2会場(米子市コンベンションセンター 会議棟2F 国際会議室)
学会参加登録者は、WEB参加も可能です。
アクセス BiG SHiP(ビッグシップ)米子コンベンションセンター
http://www.bigship.or.jp/bigship/guest/15/
または、WEB視聴。
主催 日本IHE協会 普及推進委員会
参加費 無料。ただし、資料代として以下お願いいたします。
一般参加:1,000円(PayPal決済ページ)
IHE 認定技術者:無料
IHE 会員:500円(PayPal決済ページ)
※以下の方は、IHE 会員として受講可能です。
 ・日本IHE協会のB会員(個人会員)の方、
 ・日本IHE協会のS/A会員(団体会員)に勤務されている方、
  会員学術団体の正会員の方。
※会員企業・会員学術団体は以下から確認可能です。
 https://www.ihe-j.org/recruit/index.html
 例:日本医学放射線学会・日本放射線技術学会・日本医療情報学会・
   日本放射線腫瘍学会等は、会員学術団体です。
● プログラム・演者・タイトルは、都合により変更になる可能性があります。
● 参加される方は、本ページにて事前予約、上記PayPal決済ページにて資料代の
 お支払いをお願いします。
● 受付後、受理のご連絡をメールにてお送りします。
● 開催日が近づきましたら、ご登録のメールアドレス宛に発表資料の掲載ページ
 をご連絡しますので、事前にダウンロードしてください。
● 医療情報技師更新ポイント:1ポイント。
● IHE認定技術者更新ポイント:2ポイント。
● 会場にて受講、ポイント申請される方は認定証番号がわかるものを持参願います。
医療情報技師更新ポイント・IHE認定技術者更新ポイントを申請される方は以下フォームにて必ず認定証番号を入力願います。番号が不明の場合、ポイント申請ができない場合がありますので予めご了承願います。

開始時間 15時30分
定員数 200人 (予約数 26人)
予約締切時間 2021/6/11 15:30

■ プログラム

(1)IHE認定技術者試験の制度説明
日本IHE協会 島西 聡
(2)IHE-BASIC試験の勘所
日本IHE協会 細羽 実
(3)放射線(RAD)ドメイン試験の勘所
日本IHE協会 本田 憲業
(4)病理ドメイン試験の勘所
日本IHE協会 近藤 恵美

受付を終了しました