担当者 ihe-admin  登録日時 2016/10/11 21:21 (2254 ヒット)

IHEチュートリアル「IHEの新しい応用分野」

第36回医療情報学連合大会(http://36th.jcmi.jp/)の会場でチュートリアルを開催します。
 
日時 2016年11月21日(月)13:00-14:30
場所 パシフィコ横浜 会議センター5階・502(G会場)
アクセス http://36th.jcmi.jp/participants/access/
主催 日本IHE協会 普及推進委員会 世話人:向井
参加費
(税込)
日本IHE協会会員(※):1,500円
非会員:3,000円
※以下の方は、日本IHE協会の会員として受講可能です。
 ・日本IHE協会のB会員(個人会員)の方、
 ・日本IHE協会のA会員(団体会員)に勤務されている方、
  会員学術団体の正会員の方。
※会員企業・医療機関・学術団体は以下から確認可能です。
 http://www.ihe-j.org/recruit/index.html
 例:日本医学放射線学会・日本放射線技術学会・日本医療情報学会・
   日本放射線腫瘍学会等は、会員学術団体です
   (入力フォームにリストがございます)。
● 参加する方は、資料部数の関係もありますので、事前参加登録をお願いします(現地での参加登録も受け付けますが資料が無い場合がございますのでご了承ください。その場合、資料は事後にダウンロードしてください)。
● 受付後、受理のご連絡をメールにてお送りします。資料代は、原則、現地現金払いとさせていただきます。振込希望の方は請求書を郵送いたしますので、指定の口座に参加費の振り込みをお願いいたします。
● 医療情報技師更新ポイント:1ポイント
● プログラム・演者・タイトルは、都合により変更になる可能性があります。
医療情報技師ポイントを申請されるかたは必ず技師認定証番号がわかるものを持参願います。
技師認定証番号が不明の場合、ポイント申請ができない場合がありますので予めご了承願います。

開始時間 13時00分
定員数 100人 (予約数 56人)
予約締切時間 2016/11/20 13:00

■ プログラム (一部変更となる場合がございます)

司会 普及推進委員会 向井 まさみ
(1) イントロダクション
普及推進委員会 向井 まさみ
(2) 放射線分野:最近新しくなった日本版拡張を中心に 
放射線技術委員会 塩川 康成
(3) 眼科分野:眼科検査結果の標準化 
眼科委員会 篠崎 和美
(4) ITI分野:地域連携をIHEで組み立てる新しい方法(netPDI)
RFP委員会 奥田 保男
(5) 循環器分野:循環器学会標準出力(SEAMAT)とは 
循環器企画委員会 中山 雅晴
(6) 質疑応答

受付を終了しました